ディスクロージャー・ポリシー

1. 情報開示の方針

当社は、株主・投資家等の皆様に適時・正確かつ公平な情報を提供するために、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」といいます。)に規定された会社情報を迅速に公開し、あわせて投資者の皆様の判断に有用と考えられるその他の情報につきましても、積極的に開示する方針です。さらに、当社ホームページでの情報開示等により、情報公開の適時性、公平性を保つとともに株主の皆様には事業報告書等を通じて営業成績や事業の概況等をご報告いたします。

2. 情報開示の方法

金融商品取引法に則り、「有価証券報告書」、「四半期報告書」、「臨時報告書」等を、金融庁のEDINET(インターネットによる『金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム』)に登録し、皆様による閲覧に供しております。
また、適時開示規則に定められた開示を要する情報は、TDnet(適時開示情報システム)を通じて公開し、加えて東京証券取引所兜倶楽部および大阪証券取引所記者クラブを通じた報道機関への公表をいたします。
適時開示規則上の開示要件に該当しないその他の情報につきましても、投資者の皆様の判断に有用と考えられる事項につきましては、適時開示の趣旨を踏まえ迅速かつ公平に開示することといたします。
TDnetにて公開した情報に関しては、報道機関等への公表後速やかに、当社のホームページにも掲載することとしております。

3. 将来の見通しに関して

決算短信等に掲載する業績予想を始めとした将来の見通しに関しましては、歴史的事実を除き、一定の前提下で作成された見通しや戦略であるため、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることを予めご了承ください。投資判断その他の検討にあたっては、これら情報に全面的に依拠されないようお願いいたします。

4. 沈黙期間について

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表までを沈黙期間としております。この期間は、決算に関するコメントおよび質問への回答を差し控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、沈黙期間中に判明した業績予想と既発表の業績予想の差異が重要な変動幅となることが明らかになった場合には、上記2の手続きにより業績予想修正として情報開示をいたします。

5. ホームページの掲載情報の正確性に関して

情報の正確性や掲載内容については細心の注意を払っておりますが、それらの正確性を保証し、または責任を負うものではありませんのでご了承ください。
特に重要情報については、EDINETおよびTDnet等にて掲載されるその他の情報も併せてご覧いただくことを推奨いたします。

top