• クラウド
  • スマートデバイスアプリ

情報サービス業様

顔認証受付システム

課題

 今まで、取引業者の来社時において、受付端末より総務担当者が呼び出される際、総務担当者は業務を中断して受付・開錠対応を行うため、毎回の対応コストや受付の待ち時間に課題がありました。その他にも、担当者がテレワークや休暇などで不在となる場合の対応引継ぎなど、受付案内に関わる手間が発生していたため、より効率的な受付システムの導入を検討されていました。

施策

 毎回の業者来訪をシステムで対応するために、顔認証受付システムを導入いたしました。AWSの顔認証サービス「Amazon Rekognition」を活用した受付システムを構築しました。セキュリティドアを自動開錠させ、来訪から開錠までをシステム上で一括対応できる効率的な受付を目指しました。

 

システムの詳細については、以下リンクをご参照ください。
https://jast-solution.jp/recognition/reception

 

 

効果

 受付から開錠対応まで、受付業務が端末上で完結したことで、毎回の受付対応コストを大幅に削減いたしました。また来客対応による業務中断がなくなり、間接的に生産性向上も実現できました。部署内全員への来訪通知や社外の遠隔開錠の実装により、テレワーク時でも出社時同様の開錠対応ができ、担当者の都合に左右されない業者対応が可能となりました。またシステムにより来客履歴がデータ化されたため、「いつ」「どの業者が来て」「誰が対応(開錠)したか」等、来訪管理もできるようになりました。現在は仕入業者専用受付として顔認証受付システムを活用しているため、一般来客受付でのシステム導入を検討しております。

 

 

商標について
Amazon Web Services、”Powered by Amazon Web Services”ロゴ、およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

規模/技術情報

技術情報
Amazon Rekognition
AWS Lambda ※
Amazon S3
Amazon DynamoDB
Amazon Route 53
Amazon API Gateway
(順不同)

※AWSサービスデリバリープログラムで、AWS Lambdaのパートナー認定をいただいております。
ポイント
■マルチデバイス
カメラがついていれば専用の機器は不要

■クラウドサービス
専用サーバー構築は不要

■カスタマイズ
ボタン追加、周辺システムとのI/F開発が可能

キーワード
顔認証
生体認証
受付システム
自動開錠
AWS
おすすめ部署
総務部
人事部
情報システム部

お問い合わせ
フォーム

関連する事例