株主・投資家の皆様へ

平林 武昭

 当社グループはIT産業の黎明期にあたる1973年にソフトウェア企業として創業し、「情報化の創造・提供による社会貢献」をモットーに事業活動を展開してまいりました。その間、いかなる企業系列にも属さない完全独立型IT企業として、業種、技術分野、プラットフォームなどを問わず幅広い分野の開発技術に取り組んできました。現在では企業・文教・公共向け大規模受託開発を主力に、業界トップシェアを誇る戦略的大学経営システム「GAKUEN」シリーズや、医療情報サービス「JMICS」などの自社ブランド製品も開発しています。
 今日のITを取り巻く環境は、AIやIoT、ビッグデータ、ロボットの技術革新が進むなど、目まぐるしく変化しています。こうした環境の変化に、受託型開発ビジネスを主体とした事業ポートフォリオでは、将来にわたっての持続的成長は難しいと考え、2020年度をターゲットとした中長期経営計画「JASTビジョン2020」を策定しました。この中長期計画では「超一流への挑戦」というスローガンのもと、目指す企業イメージ、ブランドイメージ、活躍するフィールドや事業規模などの「ありたい姿」を描き、顧客・技術・市場の変化に即応できる体制を整えます。
 なお、当社は2017年6月23日に東証第一部に上場いたしました。これもひとえにお客様、株主の皆様並びにステークホルダー各位のご支援の賜物と、心より感謝いたしております。これまで培った技術やノウハウを活かしながらも新市場に挑戦する「攻めのIT」を展開し、さらなる成長を目指します。より一層のご指導ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

top